« いろいろお知らせ | Main | ご無沙汰しています »

ファニーゲームU.S.A

観てきました。寸前まで、007とどっち観ようかと悩んだけど、007みたいな映画はほかにもいっぱいあるけど、ファニーゲームをスクリーンで観る機会はもうないだろうと思って、こちらに。オリジナルはDVDで二回も観てるんですけど。

オリジナルを観た時は、数日間立ち直れないほど嫌な気分になったのに、なぜかリメイク版は意外に楽しく観てしまいました。たぶん、もうどんな不快なことが起こるのかはちゃんとわかっていたせいで、冷静に観られたんだと思います。なんでしょうね、ハネケはまさにこの映画のポールとピーターみたいです。大きな音で脅かしたり、直接的な暴力シーンを映したりもせず、あくまでも礼儀正しく、観客を不快な気持ちにさせるというか。観客の心をめちゃくちゃにかきまわすくせに、作り出す映像は妙に清潔感があるところとか……。
あの、ゴルフボールころころの場面や、血が飛び散ったテレビ画面のショットとか、鳥肌立った。この人の、緊迫感のある映像を作る才能というのはやはりすごい。

もちろん、娯楽映画ではないけど、ある種の感情を疑似体験できるという点では名作。やはり私はこの映画が好きだ。

|

« いろいろお知らせ | Main | ご無沙汰しています »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« いろいろお知らせ | Main | ご無沙汰しています »