« 無事帰ってきました | Main | イタリアその2 »

イタリアその1

ということで、取材を兼ねた冬のバカンスに行ってきました。今回は大阪空港から成田を経由して、ミラノに入りました。普段はたいてい関空発なので新鮮。待ち時間が三時間以上あったので、退屈かなあと思っていましたが成田はお店が多く、出国ゲートの先にマッサージ店もあったので、マッサージをしてもらったりぶらぶらしているうちに出発時間がきました。
機内では寝たり、読書をしたりで、だらだら。時差ボケを防ぐためには、寝ない方がいいらしいのですが、どうも西行きのルートはさほど時差ボケが出ないことがわかったので、へろへろで着くよりは……と思って寝ることにしています。

で、当日の夜七時頃、ミラノ、マルペンサ空港に到着。いきなり気温0度で、雪。大阪があたたかかったので、寒さにうわあ、となりながら、中央駅行きのバスに乗り込みました。ちなみに、私のイタリア語は、ラジオ講座を半年聴いたレベル。寒いとか暑いとか言ったり、切符買ったりとか、トイレの場所を聞いたりはできますが、不測の事態には対応できません。しかも行く前にちょっと予習したかったのに忙しくてできませんでした。すんごい不安。
ホテルはさほど苦労せずに見つかりましたが、お風呂のシャワーがちょろちょろとしか出ずに、すごく寒い。結局この日は、まったく外に出ずにすぐに寝ました。

翌日もいきなりの雨。ヨーロッパの雨は小雨が多いのですが、本降り。飛行機疲れと寒さと雨のトリプルパンチで、やる気はほとんどありませんが、ミラノにいるのはこの日だけなので、ドゥオーモ近辺へ地下鉄で向かいました。どこの国に行っても、初日のテンションが低いのはいつものことなので、仕方ない。あまり無理をせずに、のんびり観光することに。
雨がひどくて一眼レフを持っていくのをやめたので、この日は写真なし。
まずはドゥオーモへ。こういう大聖堂などは、細部をじっくり見るよりも、椅子に座って中でぼやーっとしているのが好き。思う存分ぼんやりしたあと、近くのアンブロジアーナ絵画館へ。ここは静かで、感じのいい美術館でした。あんまり大きくて人の多いところよりも、こういうところの方が落ち着きます。しかし、最近宗教画を見るたびに、頭の中で「聖☆おにいさん」がよぎるようになったのが困る。

ここで一時間ほど過ごしたあと、近くのペックで、ティラミスとコーヒーを。ランチもおいしそうでしたが、ちょっとまだ飛行機疲れであんまり食べられない状態。でも、ティラミスはおいしかったです。
その後、本屋で自転車雑誌をいくつか買い、ラ・リナシェンテというデパートへ。ここでハンロが入っているのを発見。円高のせいもあって、日本の半額くらいだったので、いろいろ大人買い。
荷物も増えたし、雨もひどくなったので、午後三時くらいにホテルに帰りました。普通だったら、また夕食を食べるために、一休みしてから外に出るのですが、この日はここでダウン。ホテルの近くのパン屋でパンを買って、それで夕食に。
ひとりの旅はこういうところがいいかげんになりがちですが、無理をせずに休みたいように休めるので、後半まで体力が続くという利点もあります。

|

« 無事帰ってきました | Main | イタリアその2 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 無事帰ってきました | Main | イタリアその2 »