« ヌスビトハギの季節 | Main | 新刊のお知らせ »

盟三十五大切

ひさしぶりに東京まで歌舞伎観に行ってきました。南北の盟三五大切。この演目、大好きなのです。

今まで源五兵衛は團十郎さんと幸四郎さんで観ましたが、今回は仁左衛門さん。團十郎さんがいちばん南北っぽかったと思うけど、仁左さんは「狂気」の演技が壮絶だし、なによりも美しくてうっとりでした。
團十郎さんが南北っぽいのは、悪い意味ではない作り物っぽさがあるからかな、と思いました。この演目だって、壮絶なんですが、リアルと言うより滑稽な部分もあるわけだし。幸四郎さんは、いかにもああいうことしそうなアブナイ感じでした。それぞれ演じる人によって持ち味が違いますねえ。

三五郎は菊五郎さんでしか観てないんですが、この人は本当にこの役にはまる。ちょっと悪くて、でも色気のあるいい男。

しかし、寒くなりました。風邪ひかないようにしないと。

|

« ヌスビトハギの季節 | Main | 新刊のお知らせ »

歌舞伎」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ヌスビトハギの季節 | Main | 新刊のお知らせ »