« 犬写真は移動します | Main | ワッフル焼いた »

変態村

前から観たかったのに、チャンスがなかった映画。DVDで観ました。この邦題はどうなのよ。
原題は"Carvaire"ゴルゴダの丘を意味するラテン語で、「受難」等の意味があるそうです。ギャスパー・ノエを引き合いに語られているのをよく見ますが、グロテスクな中に、異様なロマンティシズムが混じるのは同じ。
ただ、ノエほどのインパクトもなかった。そういう意味では、少し退屈な映画でした。
でも、もし、この映画をホラー映画的な手法で撮影したら、ものすごーく怖いと思うのですよ。
山の中で車がエンストし、泊まったオーベルジュの主人が、なぜか自分(主人公は男)のことを、逃げた妻だと思い込んで、レイプ、監禁され、やっと逃げ出したのに……という展開。すんごい怖い。
でも、この映画はホラー的な手法を無視しているため、主人公の受難を遠くで眺めているようで、怖さよりも不思議さとか、不快感の方が強く感じられます。そのバランスがおもしろいなあ、と思いました。
あと、いくつか面白い場面はありました。それと俳優の演技(宿屋の主人が特に)がよかった。


今日はIKEAで買ってきたスウェーデン料理の本で、ミートボール、コケモモのジャム添えを作りました。日本にはない味だけどこれはこれでおいしかったです。それとベビーリーフとマッシュルームのサラダ。

|

« 犬写真は移動します | Main | ワッフル焼いた »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 犬写真は移動します | Main | ワッフル焼いた »