« amazonで | Main | チキンスープ »

大藪春彦賞

候補になったと聞いたときも、「私が?」とびっくりしたのですが、受賞の知らせを聞いて、本当に驚きました。選考委員の先生方、候補にあげてくださった方、そして応援してくださったみなさま、どうもありがとございます。プロになってから、賞の候補になったのもはじめてなのに、まさかいただけるとは思っていませんでした。実は、落ちたとき、日記になにを書くかも考えてたのに……。

昨日は新潮の担当さんが大阪まできてくださって、一緒に結果を待ったのですが、その前に、「そうだ。景気づけに財布でも買いかえよう!」と思いついて、45rpmに。ここで扱っているアンリー・クィールの革製品が素敵なのです。店員さんと話をしながら、「もう3年くらい使って傷だらけになってしまったので、買いかえようと思って……」と言って今使っている財布を見せると、「ええっ、まだまだ使えますよ。傷はメンテすると目立たなくなります」と言ってくださったので(商売気のないいい人だ……) 今の財布をメンテしてもらい、気に入ったのがあったので小銭入れを買い足すことにしました。
その後、受賞できたので、なんとなく私にとっては「幸運の小銭入れ」みたいな気分になってます。

今日はひさしぶりにタンシチューなど作りました。あとは、カブのサラダとか。

|

« amazonで | Main | チキンスープ »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

おめでとうございますーーー!!!
うれしいですね!
「サクリファイス」が好きなこちらとしても。

それにしても、タンシチュー美味しそうだなぁ。

Posted by: Curtis | January 27, 2008 at 09:03 AM

おめでとうございますー。
朝日新聞の速報で結果を知り、思わず、いつも会っている友人が受賞したかのように歓声をあげてしまいました(ついでに「テツくんもきっとお祝いに美味しいものを食べさせてもらえるのね!」とも)。
今後もいままで同様、一読者として、作品をじっくり楽しみ♪にしております。

Posted by: ふじもとゆうこ | January 27, 2008 at 10:48 AM

おめでとうございます。
本屋大賞もノミネートということで、近藤先生ファンとしても、とてもとてもうれしいです。

昨日、久しぶりに「ふたつめの月」を読み返して、すごく癒されました。近藤先生の本を読むとほっとして、その瞬間がとても好きです。
ありがとうございます!
これからもがんばってください。

Posted by: ウラン | January 27, 2008 at 11:00 AM

おめでとうございます。
私にとっては、昨年読んだ本でサクリファイスがベストの作品だったので、自分のことのように嬉しいです。
本屋大賞の方も(候補作の全部を読んだわけではありませんが)私はやっぱりサクリファイスがイチバンです。

…でも、asahi.comの『近藤史恵さん関連書籍』ではいちばん上に出てくるのが「遙3」なので、リンクを辿った人、ちょっとびっくりされるかもしれませんね(笑)。

Posted by: ちよま | January 27, 2008 at 10:03 PM

みなさま、どうもありがとうございます。

>Curtisさん
タンシチューはおいしくできましたが、デミグラスソース使うのはやはりハイカロリーなので、たまにしか作れません。

>ふじもとさん
そういえば、テツには特になにもおいしいものは食べさせてません。そのうち、スペシャルメニューの牛肉ごはんでも作ることにします。

>ウランさん
どうもありがとうございます。「ふたつめの月」は自分でも好きな話です。
最近、うれしいことが続いて、本当に幸せです。

>ちよまさん
amazonの売り上げ順みたいですね。サクリファイスがまだ品切れ中なので、紅の月に抜かれているようです。

Posted by: コンドウ | January 27, 2008 at 11:04 PM

おめでとうございます!!すごく嬉しいです!!
久しぶりにコメントさせてもらいます。

本当に「サクリファイス」は素晴らしい作品で、読んでしばらく経った今でもまだ余韻が・・

ミステリー要素も絡んでいますが、やっぱりこれはとても純粋な青春小説ですよね!

Posted by: hito | January 28, 2008 at 09:16 AM

おめでとうございます!
サクリファイスは、近年読んだ中でも印象深い、とても面白い作品です。
自分の好きな作品が評価されると、なんだかこちらも嬉しくなりますね!

Posted by: なすか | January 28, 2008 at 10:20 AM

>hitoさん
どうもありがとうございます。読む人にとっていろいろなふうに取れる話なのかなあと思います。
ハードボイルドとしても読めるというのは、想定外でした。

>なすかさん
ありがとうございます。書くときは趣味に走ったつもりだったんですが、いろんな人に誉めていただいて本当にうれしいです。

Posted by: コンドウ | January 28, 2008 at 10:25 PM

おめでとうございます。
ツール・ド・フランスやジロ・デ・イタリアの中継を「眺める」のが好きで、その縁で近藤さまのブログを知り、いつの間にか愛読者になってしまいました。
競技そのものより風景に関心があって、レースがどのように進行するのかさっぱり分からないままでしたが『サクリファイス』を読んで、非常によく分かりました。(^_^)
なにか昔からの知りあいのかたが賞を獲られたような気がして、こちらもとても嬉しいです。

Posted by: 館 淳一 | January 29, 2008 at 01:32 PM

>館 淳一様
どうもありがとうございます。ツールやジロの風景は、私も自転車レースの楽しみの大きな一要素だと思います。
見ていて気持ちがいいですよね。

Posted by: コンドウ | January 29, 2008 at 06:32 PM

出遅れました。おめでとうございます。他にも同様のことを書かれている方がいらっしゃいますが、私もいつも日記を拝読している者として知り合いが受賞したかのように嬉しく思います。
より一層のご活躍をお祈りしております。

Posted by: そ | January 30, 2008 at 05:19 PM

初めてコメントさせていただきます。受賞おめでとうございます。私はmixiの近藤先生コミュニティで知りました。一ファンとして、とても嬉しく思います。自転車レースは「シャカリキ!」くらいでしか知らないのですが(苦笑)、「サクリファイス」は心に残る素敵な作品でした。新作も楽しみにしております。

Posted by: ぴんく。 | January 30, 2008 at 10:40 PM

>そさん
どうもありがとうございます。なんとなく、webで日記を見ている人って、身近な感じがしますよね。

>ぴんく。さん
ありがとうございます。
「シャカリキ!」はいいマンガでしたね。私も大好きです。

Posted by: コンドウ | January 31, 2008 at 12:38 AM

たいへんごぶさたしております。

かなり遅ればせながら、受賞おめでとうございます!!!
これをきっかけにいままでとはまた違う読者層が、近藤さんの作品世界に触れられると思うとなんだか楽しみです。(同時に受賞された福澤@すじぼりさんともご縁があるのでなんだかダブルで嬉しかったです)
それから、お体のほうも、ご自愛ください。


ところで。
受賞された件も少し関係があるのですが、近藤さんに少しご相談ごとがありまして、メールにてご連絡をさしあげたいと思っています。僕の手元には6年くらい前に頂いたe-novelsのアドレスがあるのですが、このアドレスは有効でしょうか?
(もしアドレスが変わられているようでしたら、大変お手数ですがこの投稿コメントのアドレスまでメールを頂けませんでしょうか?)

Posted by: 松本楽志 | February 09, 2008 at 01:51 AM

ありがとうございます~

アドレスは控えさえていただきました。ご相談の件、メールさせていただきますね(スパム業者に見つかるまえにコメントから削除されたほうがよいかも。。。)

Posted by: 松本楽志 | February 09, 2008 at 08:27 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« amazonで | Main | チキンスープ »