« 鮎川賞授賞式 | Main | 脱出しました »

サイン本

東京創元社HPで「タルト・タタンの夢」のサイン本を発売しています。応募期間が短いですが、よかったら申し込んでください。

あと、ananにもちょっとだけインタビューが載っているはず。福山雅治が表紙の号だと思います。まだ見てないのでちょっと不安。


今、追い込み中なので、今日はこれにして失礼。どろん。

追記:こちらで、サクリファイスのサイン本、一冊ですがチャリティオークションに出品してます。今のところ、まだ定価より安いのでお薦め。この号のOZマガジンにもインタビューが載っているはず。これもまだ未確認。

|

« 鮎川賞授賞式 | Main | 脱出しました »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

サクリファイス、ようやく読みました。
昨日、今日とかけて。

読み終わると、あっというまでした。

また落ち着いたときに、
感想などお伝えしたいと思います。

Posted by: テントウムシ | October 13, 2007 at 04:07 PM

チカ、伊庭、石尾、3人の男たちの
ロードに対する気持ち、そして力。

細かい所よりも、読み終わってから
残ったのは、ロード独特の面白さ。

アシストは、
野球でいえば、中継ぎ投手のように、
勝敗もセーブもつかないけれど、
試合をつなぐためには、そして、
試合自体に息吹を吹き込むためにも
欠かせない存在。
いける所まで投げる選手や
1回だけ、または1選手だけに投げる選手も。
中継ぎも、若手がやるか、散り際のベテランがやるかで、
また意味が変わってくる。


サクリファイス、「ミステリー」という
前宣伝があっただけに、
石尾さんに関わる謎、そして、
チカと伊庭のレースでの出来、
などが気になりつつ読んでましたが、
一番のこるのは、やっぱり
ロード特有の個人と組織の噛み合い。

読み終わって、ぱきっとした色の
自然にかこまれた道を
クロモリをこいでいくチカが
うかびました。


Posted by: テントウムシ | October 14, 2007 at 11:26 AM

ananのインタビュー拝見しましたよー。
ツールに対するコンドウさんの想いが感じられる内容でした。ご安心くださいませ。

それからダヴィンチの絶対読んでトクする20冊に紹介されてましたので拝見しました。
かなりの高評価でした。
ええと、仕事が落ち着いたら読ませて頂きますので少々お待ちくださいorz

Posted by: えり | October 14, 2007 at 01:55 PM

>テントウムシさん
感想ありがとうございます。スポーツのシーンなど今まで書いたことなかったんですが、ロードレースのおもしろさが伝わったみたいでうれしいです。

>えりちゃん
おお、ありがとうございます。ダヴィンチは藤田香織さんですね。好きな書評家さんなので、うれしいっす。
しかし、今月のダヴィンチの特集(半笑)

Posted by: コンドウ | October 14, 2007 at 11:00 PM

実は仕事で家にこもっていたので旦那に買ってきてもらいましたw>ダヴィンチ
こーいうことに物怖じしない人でよかった(^-^;
特集記事にも目を通しましたが、さっぱり判らず、誰かに解説して欲しいぜと思ったのはひみつw

Posted by: えり | October 14, 2007 at 11:46 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 鮎川賞授賞式 | Main | 脱出しました »