« 作家の読書道 | Main | 歌舞伎座夜の部 »

セラミックミル

執筆中はコーヒーが欠かせないのに、ずっと使ってきたミルが壊れてしまったので、amazonでセラミックミルを購入しました。前のは安い刃式のでしたが、毎日のことだし、ちょっといいものを。
ナイスカットミルにすると、きっとおいしいんだろうなとは思いましたが、さすがにそこまでは頑張る気にはなれなかった。でも、セラミックミルでも刃式のとは、全然違いました。ちょっとびっくりした。

コーヒーは一日二杯程度なんですが、濃いのが好きなんで、きっと胃には悪いと思う。マンデリン等の深炒りを豆多め(メジャースプーン一杯半)で淹れて飲んでます。
この嗜好は紅茶でも一緒で、ウヴァかイングリッシュブレックファストなどを葉っぱ多めで淹れるのが定番で、丁寧に淹れられた薄めのリーフティならば、ティーバッグで濃いめの方が好き。

新しいミルを買ったので、はりきって手でもドリップしてみましたが、コーヒーメーカーの方がおいしかったです。ちょっとショックだ。

夕食は、塩ウニのスパゲティと、小松菜と舞茸のクリームスープ。

|

« 作家の読書道 | Main | 歌舞伎座夜の部 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

セラミックミル、評判がとてもいいですね。美味しいコーヒーを飲みながら執筆していらっしゃると思うと、読ませていただくほうもなんとなく物語にも香りの名残りがあるのではないかと(勝手ながら)想像を広げられる気がして、少しだけワクワクします。

タイミングがずれてしまいましたが、テツくんのちくわ盗み食い事件、つい吹き出してしまいました。そういえば、うちでは先代犬を実家に預けたときに、父が自分のために寄せておいて、あとから焼いて食べようとした黒豚を、ちょっと目を離した隙にテーブルの上の皿からかっさらわれて、たいていは「呼ばれるとすぐに走ってくるいい子」のはずなのに、そのときばかりはほんの二口で大きな塊をくわえこみ、逃げるのをつかまえてつるし上げたときにも必死になって飲みこもうとしていたそうです。怒られようがどうしようが、食べてしまえば後悔なんてしない、という決死の形相。どうしたって好物には勝てないってことでしょうか(笑)。

Posted by: ふじもとゆうこ | October 04, 2007 at 05:14 PM

本当は手でゴリゴリ挽くのがいちばんおいしいんですけど、挽くのが面倒で飲みたくても我慢してしまうときがあるので、無精な人間には電動がいいです。

テツも似たような感じだったらしいです。ちくわをくわえて、テーブルの下に逃げ込んで、目を白黒させながら呑み込んでいたそうです(笑)

Posted by: コンドウ | October 06, 2007 at 04:33 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 作家の読書道 | Main | 歌舞伎座夜の部 »