« カブールの燕たち/ヤスミナ・カドラ | Main | ロング・グッドバイ »

テヘランでロリータを読む

続けて読んだのがこれ。長いし、ノンフィクションなので二、三日かかるかなと思っていたら、おもしろくて一気読み。
その名の通り、テヘランで、女子学生と一緒に英文学の読書会を開いた女性英文学者の回想録。十~二十年前のイランで、女性であること、教師であること、そして小説を愛することの意味と痛みが書かれていました。まだちょっと考えがまとまらないのだけど、小説の持つ力について考えさせられました。それと、人を教えることに関しても。

続いて柘榴のスープを読もうか、それとも、ロング・グッドバイを先に読むか……。そろそろ仕事も本気モードに切り替えなければならないんですけど。

|

« カブールの燕たち/ヤスミナ・カドラ | Main | ロング・グッドバイ »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« カブールの燕たち/ヤスミナ・カドラ | Main | ロング・グッドバイ »