« 別府史之選手トークショー | Main | こう暑いと »

バレエ見てきました

パリ・オペラ座バレエ団の「ルグリと輝ける仲間たち」
NHKのスーパーバレエレッスンを見て、「一度ナマで見たい!」と思ったので、チケット取りました。
バレエは10年ぶりくらい。しかも、海外バレエ団のははじめてです。
歌舞伎みたいに見慣れているわけではないので、いろいろ新鮮でした。「燕尾服にタイツ?」とか「意外にトゥシューズの音って響くんだ」といろんなこと考えました。
でも、全然わからない私でも、スジェとエトワールの踊りの違いははっきりとわかるし、ほかのエトワールとルグリの踊りも確実に違う。
どっちかというと、私はコンテンポラリーの方が好きかもしれない、と思った。「小さな死」というのがいちばんよかったです。あと、男同士で踊る「アベルはかつて……」というのも素敵でした。
帰りに12月のギエムの公演も予約してきてしまいました。頻繁には無理だけど、ときどきは見たいなあ。
しかし、歌舞伎に慣れた私はカーテンコールがとても苦手です。30秒くらいは本気で拍手できるんだけど、それ以降は面倒になっちゃうんだよなあ。感動より拍手という行為の方が強く感じられてしまうというか。

昼は、「アヒルと鴨のコインロッカー」を観に行ってきました。
原作のエッセンスがしっかり残っているいい映画でした。そっか、こういうふうに処理するのね。
瑛太はときどき、ちょっとテツに似ている。犬顔というか、トイプー顔? この映画とは関係ないけど、大森南朋さんは、柴犬顔だと思います。

|

« 別府史之選手トークショー | Main | こう暑いと »

「文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 別府史之選手トークショー | Main | こう暑いと »