« ジロ・デ・イタリア終了 | Main | 東京行ってきました »

最近のお仕事

ひさしぶりに新刊でました。「ふたつめの月」(文藝春秋)です。「賢者はベンチで思索する」の続編ですが、前のを読まなくても楽しめるようにはなっていると思います。装丁が本当に素敵なので、ぜひ手に取っていただければ幸いです。

それと、松竹歌舞伎公式サイト「歌舞伎美人」にインタビューが載っています。なんかすごく緊張するのです……。

今日の夕食は鰺のお刺身、シーザーサラダ、しめじとめかぶの味噌汁です。

|

« ジロ・デ・イタリア終了 | Main | 東京行ってきました »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

ライターとして雑誌取材の仕事を主にしています、mugcupといいます。(以前は別のハンドルネームでお邪魔したかも)。近藤さんの作品が大好きで愛読しています。
新刊出版おめでとうございます。さっそくアマゾンで注文しました。さらに「モップの魔女は呪文を知っている」の予約受け付けもしてたので、そちらも…。楽しみです!
歌舞伎はずっと興味を持ちつつ、観る機会はなかったのですが、PTAで知り合った人で歌舞伎に詳しい人がいて、7月に一緒に行きましょうということになりました。イヤイヤやってたPTA委員ですけど、たまにはいいことあります。

Posted by: mugcup | June 06, 2007 at 10:23 AM

mugcupさん、こんにちは。
注文していただいてありがとうございます。おまけに次回の新刊まで……!
気に入っていただけるとうれしいのですけど。

歌舞伎、最初は演目によって印象が違うと思いますが、楽しいです。7月だったら、松竹座でしょうか。私も昼夜とも見に行く予定です。

Posted by: コンドウ | June 06, 2007 at 09:48 PM

「ふたつめの月」読ませていただきました。いつもながらしみじみと「好きだなあ」と思って読みました。どこが好きって登場人物がどの人も好き、文体も好き、そして社会への目の向け方にもとても共感できます。なんだか安心感を持って読めるんですよ。近日刊の「モップの魔女~」も楽しみにしてます。

歌舞伎はそうです、松竹座です。私は夜の部に行きます。

Posted by: mugcup | June 15, 2007 at 08:48 AM

どうもありがとうございます。「ふたつめ……」は時間をかけて取り組めたので、気に入っていただけたのならうれしいです。

夜の部は、鳥辺山や女殺油地獄ですね。私も楽しみです。

Posted by: コンドウ | June 17, 2007 at 10:10 PM

はじめまして。「歌舞伎美人」のインタビューを拝見した歌舞伎&ミステリ好きのうさみと申します。早速ページで紹介されていた歌舞伎ミステリシリーズを全て手に入れました。まだ「ねむりねずみ」と「二人道成寺」を読んだところですが、それぞれの歌舞伎作品と役者たちの心情がとてもうまく絡み合っていて面白かったです。もっと早く存在を知りたかった~と思いました。
これからも楽しみにしております。ブログもお邪魔させていただこうと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。

Posted by: うさみ | June 21, 2007 at 08:36 PM

うさみさん、はじめまして。
手にとってくださってありがとうございます。「歌舞伎美人」のインタビュー、とても緊張しましたが、これをきっかけに読んでくれる人がいると、うれしいですね。
これからもよろしくお願いします。

Posted by: コンドウ | June 22, 2007 at 09:51 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ジロ・デ・イタリア終了 | Main | 東京行ってきました »