« 第4回浪花花形歌舞伎 | Main | マーダーボール »

今週の風林火山

思うに戦国時代をドラマでやって、主人公を「まったく悪いことをしていない」ように描くとか、「戦はいやでございます」とか言わせるのは、どう考えても無理があるし、そのせいでドラマ自体が安っぽくなっていたと思う。そういう意味で、今年は主人公を善人に描こうとしていないのがおもしろい理由のひとつではないかと。青木もだまし討ちにしてたしね。

昨日友達からメールが来た。
「勘助は42になるまでニートで、やっとつかんだ就職口なのに、若くて可愛い香坂が簡単にそれをゲットしている。勘助可哀想」
たしかに。

昨日はひさしぶりに豚角煮など作りました。昔は大好きでしたが、しばらくぶりに作ってみるとうまくできたのに、ちょっと重い。味覚がだんだん年をとっていく……。

|

« 第4回浪花花形歌舞伎 | Main | マーダーボール »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 第4回浪花花形歌舞伎 | Main | マーダーボール »