« ハゲタカ | Main | 確定申告作業中 »

ピクニック・アット・ハンギングロック

これを観るのと観ないのとで人生が変わっていたなと思う映画がたまにありますが、これもそのひとつ。二十年前、まだ高校生だったとき映画館で観ました。その後は一度も観ていないのに、昨日DVDで観たら、いろんなシーンが記憶とまったく一緒で、ちょっと驚いた。よほど衝撃的だったのか、それとも若かったので、脳細胞がぴちぴちしていたのか……。
もっとも、今、はじめて観たんだったら、さほど衝撃は受けないと思う。多感な十代のときだったからだろうな。

ひらひらと揺れるリボンや、白いビクトリア風のドレスと黒い靴下。ミランダの輝くばかりの美しさと、セーラの固い殻のような美しさ。
思えば記憶は荷物と同じで、わたしはずっとそれを持ち運んでいたのだと思う。

|

« ハゲタカ | Main | 確定申告作業中 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ハゲタカ | Main | 確定申告作業中 »