« 寒いので | Main | 王の男 »

自転車ロードレース界のこと

結局、今日は焼そば作ってしまいました。さつまあげともやしで。カルボナーラ欲は消えてしまったので、またそのうち。

さて、もう、さっぱりわからないのが、自転車ロードレース界のこと。(しかし、長い。ヨーロッパにおけるチクリズモみたいな、言いやすい言葉はないだろうか。自転車だけでも、ロードだけでも別の意味になっちゃうしな。それを思うと競輪って明快で素敵だ)
なんで、スペインの裁判所がオペラシオンプエルトの証拠には信憑性なし、と判断したのに、未だにウルリッヒはチームが見つからないのか、なんで、バッソを雇ったディスカバが責められているのかとか、ちっともわからない。いえ、バッソに関しては、CSCは本当は手放したくなかっただろうし、もしバッソがCSC時代にDNAテストを受ければCSCはバッソを手放さずにすんだんじゃないか、という意味で、リース監督がごちゃごちゃ言うのもわからんではない。(とはいえ、DNAテストなんて、受ける必要がないので、バッソが間違っていたわけではない)でも、DSCをプロツアーから除外するというのは、また変な話だ。
つまりは、この先、どんな選手が、ドーピングの疑い(疑いですよ。検査で陰性であっても、だれかが『あいつドーピングしてたぜ』と言っただけで疑いは生じる)をかけられても、チームも協会も彼らをまったく守らずに証拠も無しに排除すると明言しているのも同じですよね。そんなのひどすぎるし、まったくフェアじゃない。
決まった検査で陽性になって処分を受けるとか、確実な証拠があったというのとは別の話で、単なる疑惑だけで処分できる世界なんて、すごく怖いし、なにより、正論が通じる雰囲気ではないのと、それに関してきちんと反論している人が少ないことが不思議だ。

選手は、生活がかかっているから言いたいことが言えないし、チームはスポンサーやUCIの顔色を窺っているから言いたいことが言えないのだろうか。とりあえず、バッソのチームが決まったことで、全体的によい方向に向かっていると思っていたんだけど、ここ数日の動きは謎だ。

|

« 寒いので | Main | 王の男 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 寒いので | Main | 王の男 »