« 自転車ロードレース界のこと | Main | 寒い »

王の男

見に行ってきました。冬は風邪をもらいそうなので、あんまり映画館は行きたくないんですが、やはりこれは見たかった。韓国で大ヒットしただけあって、やはりおもしろかったです。陰謀の仕掛けなどはシンプルだけど、感情が複雑に絡み合っていて、そこがよかった。
宣伝文句を見る限り、王がコンギルの美貌に一目惚れしたのだと思っていたけど、実はそうではなかったのがいちばんの驚き。美貌も大きな要素だけど、王は、それよりも自分を楽しませてくれる存在=母親を、彼に見たのだと思った。だからこそ、最後のあるシーンで、彼は笑っていたわけで……。コンギルに感じていたのが、普通の恋愛感情だったら、あそこでは笑えるはずはない。絶対に。
同性愛といえば、同性愛なんですが、少しもエロティックではない。なんか清潔。

萌えるか萌えないかの二択で言えば、少しも萌えなかった(もっと、喰うか喰われるかみたいなのが好き……)けど、おもしろい映画でした。

夕食に、やっとスパゲティカルボナーラを作りました。最近は生クリームは使わず、卵とパルミジャーノのみ。

|

« 自転車ロードレース界のこと | Main | 寒い »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 自転車ロードレース界のこと | Main | 寒い »