« テツの誕生日 | Main | 東京行ってきました »

十月松竹座

二日目から、見に行ってまいりました。
宣伝中からBL、BLと連呼されて、どっちも好きな人間としては、かえって恥ずかしかったんですが、若手中心の復活狂言としてみると、うまくまとめてあって、おもしろいお芝居でした。やや音楽や証明、演出に現代的なところがありましたが、役者の演技はとても行儀のいい歌舞伎。
染五郎、愛之助中心ですが、ほかにも猿弥、段治郎、芝のぶ、春猿など、芸達者な若手のおかげで、いい芝居になっていると思います。中でも、芝のぶちゃんが、三役も担当しての大活躍。春猿より目立っていたかも。

まさか、関東成駒屋がひとりも参加してないのに、芝のぶちゃんが出ているとは知りませんでした。しかし、この人、私より年上の男とは思えない可愛らしさ+上手さ。関西にはあまりこないので、ひさしぶりに見られてうれしかったです。

と、結構満足したのですが、いちばんの難点は、中心になる男男カップルに色気とか、情感とか、妖しさとかがまったく感じられないこと。ラブシーンもあるし、スキンシップもしてるんですけどねー、どきどきしないのよ。 お互いが好きだという空気が伝わってこない。
このあたり、「三人吉三」のお嬢とお坊とか、「都鳥廓白浪」での松若丸、蜂蔵なんかの方が、そういう雰囲気を匂わせるだけなのに、よっぽどあやしくて色っぽい。

ただ、珍しい復活狂言としては充分及第点だと思います。火事のシーンも少しですが、本火使ってたし、盛り上がったし。
楽日前にまた見に行くので、そのときはふたりがもうちょっと色っぽくなっていればいいな。

お芝居見た後、テツに誕生日プレゼントとして、蜂のぬいぐるみが蜂の巣に入っているおもちゃを買いました。知育玩具大好きなテツが気に入りそうではあるけど、2900円と犬のおもちゃにしては高めで、普段は買う勇気がなかったので、誕生日+ここ数日のお留守番のご褒美に。喜んで、今、蜂の一匹と一緒に寝てます。

|

« テツの誕生日 | Main | 東京行ってきました »

Comments

おひさしぶりです。
「ガーデン」の火夜さんの名前をハンドルネームに使わせていただいている者です。

このお芝居にはまってまして、毎週末に観続けています。
どんどん主役2人およびその他の登場人物に色気が出て来てよい感じになり、演出も変わっていますので、次回のご観劇では違いに驚かれるかもしれません。

Posted by: 火夜(熊つかい座) | October 21, 2006 10:03 PM

おひさしぶりです。演出変わっているのですね。それは楽しみ。
楽日の前にまた見に行ってきます。

Posted by: コンドウ | October 23, 2006 12:32 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« テツの誕生日 | Main | 東京行ってきました »