« もういっちょ | Main | なんとなく »

不愉快映画

ミヒャエル・ハネケの「ファニー・ゲーム」をレンタルで借りてきて観てました。なんというか、救いもなにもない、ただ、人を不愉快にさせるためだけに作られたような映画。バカンスにやってきた家族が、乱入してきたふたりの若い男にひたすら、精神的肉体的にいたぶられ、嬲り殺されるという映画です。ただ、実際の殺害シーンはほとんど映さないけど。まったくお薦めできません。鬱映画です。
ただねえ、好きか嫌いかで言うと、好きなんだよね。これ。暴力シーンとかスプラッタシーンが苦手なくせに、こういう感情を根本から揺さぶられるようなのは好き。基本的に鬱映画が好きなのかもしれない。私にとってはタランティーノのカラッとしたバイオレンスシーンの方が苦手だ。私の頭の中にある暴力は、この映画の暴力と同じように、嫌らしく不愉快なものだから。殺されていく家族たちの、恐怖もわずかな希望も、それを打ち砕かれた絶望もとてもリアルだ。

DVD安ければ買ってもいいかなあと思って、amazon見たら、品切れらしくマーケットプレイスですごい値段がついてた。あらまあ。

夕食は残っていたチリビーンズをカレーにアレンジ。最近はカレーはこうやって、なんかをアレンジすることが多いです。カレーの壺というスリランカカレーペーストが便利。

|

« もういっちょ | Main | なんとなく »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33158/11579448

Listed below are links to weblogs that reference 不愉快映画:

« もういっちょ | Main | なんとなく »