« May 2006 | Main | July 2006 »

June 2006

バッソもウルリッヒも

出場停止ですって!?
なんじゃそらー! TDFに向けて、盛り上がった気持ちをいったいどこにやれば……。

正直、ジロでのあのバッソの勝ち方はなんか釈然としないものを感じたので、バッソに関してはざまーみろという気持ちは少しある(だって、わたしはシモーニファン)のですけど、こんな後味の悪いのは嫌だ。ツールでこてんぱんにされるところを見て、満足したかった。ウルの勝つところみたかったよ。

というか、じゃあ、ジロで本当に強かったのはシモーニってことじゃん! 

本当にどうなっちゃうんだろう……。

夕食はプロポ(ポトフの鶏肉バージョン) もちろん玉葱抜き、味付けなし(人間はあとでマスタードと岩塩つけて食べます)で、テツにも食べさせた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

眼精疲労

ちょっと目の疲れがひどくて、あまりネットをする気になれません。ここしばらく、ドライアイもおさまっていたのに、急にひどくなってきました。DVDも本も、目が疲れるし、わたしの楽しみって目に依存してるな。しばらく、大人しくしておきます。

花よりもなほ、を観てきました。岡田くんの髷姿を楽しみにしていたのに、その髷がなんか妙ちきりんで、ずっとそれが気になって、岡田くんにも萌えられないし、話にも入れなかった。なんだろう。もう、髷って現代の人から見たら、変に見えるの? 最近の若い役者は、総髪ばかりで月代剃ってくれないしなあ。
弥次喜多の長瀬くんは潔かったし、似合ってて素敵でした。

今日の夕食は、銀ダラみりん漬け、玉葱の味噌汁、小松菜の胡麻和え、長芋梅肉和え、豆腐屋ジョニー。
長芋はぬか漬けにもした。ぬか床はそろそろ三年目突入です。三日くらい放っておいたりしますが、全然平気です。長芋のぬか漬けはおいしいですが、漬けたあと、ぬか床が妙に粘っこくなる気がする。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ケーブルテレビを

デジタルに変えました。今ですら、そんなにしょっちゅう観ているわけではないので、これ以上チャンネル増えたって観ないだろうけど、ツール・ド・フランスはデジタルじゃないと見せてくれないと言われたのでしょことなしに。J-COMの意地悪め。HDDつきDVDレコーダーもきちんと使いこなせているとは言えないのに、これ以上ややこしくしてどうなるんでしょうか。
明日、wowowの解除信号受けるのを、忘れないようにしなくちゃ。

テツは男の人があんまり好きじゃないので、作業員の人にがうがう吠えてましたが、五分ほどで吠えるのをやめ、十五分後には目の前で腹を出してくつろいでました。警戒→信用への移行があまりにも早すぎる。

夕食はししゃもの焼いたの、ささがきゴボウの味噌汁、小松菜おひたし、もずく、ホワイトアスパラのピクルス。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

ガスパチョ

暑くなったせいか、急にガスパチョが食べたくなりました。玉葱とトマトはあったけど、きゅうりもピーマンもなかったので、ピクルスにしてあったきゅうりとパプリカを投入してみましたが、まったく問題なくおいしくできました。よく考えたら、私はピクルスに、たまねぎ、きゅうり、パプリカ、にんじんを入れるので、生トマトさえあれば、いつでもガスパチョが作れるのではないかと思いました。

ちょっと昨日は疲れる仕事で、瞼がお岩様のように腫れ上がってしまいました。どうも私は、疲労とストレスの耐性が低いな。今日もまだ頭痛が残っています。「花よりもなお」を今週中に観に行かなければならないのに、明日も一日忙しい。木曜日と金曜日のどちらかに行かなければ。

そうそう、ツールドスイスではウルリッヒが優勝でしたね。あのTTの天候の代わり具合はびっくりしました。バッソはあんまり好きじゃないので、ツールドフランスではウルリッヒに勝ってほしい。クネゴが出るみたいだけど、シモーニはでないのかな。

で、今日の夕食はグリーンアスパラとホワイトアスパラのサラダ、ガスパチョ、納豆、もずく。変なメニューですが、ちょっとまだ疲労を引きずっていて、重いものほしくなかったので自分の食べたいものだけ食べました。サーモンのバターソテーでもしようかと思ってたんですが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

カラダスキャンと酢

以前から欲しかった、オムロンの内臓脂肪も計れるゴージャスな体脂肪計買いました。今までも古いタニタの足で測るのを持ってたんですが、どうも私は足で測った数値と、手で測った数値が極端なほど違うのです。足で測ると30%を越え、手で測ると20%前後になる(上半身デブなのに) ですので、手と足両方で測るのが欲しいと思ってました。そっちの方が数値正確らしいし。

で、届いたので早速測ってみたら、26%。手と足の平均ですね。妥当なところだ。まあ、痩せてはいないけど、タニタの数値よりも少ないので安心。まあ、一年前までBMI値が立派に肥満だったことを思えば、まあ、マシかと。あと、基礎代謝も1200kcal越えていてちょっとびっくりした。背が低いから、もっともっと少ないと思っていたのに。
一応、内臓脂肪とかも標準でしたが、カラダ年齢は41歳だそうで……(泣) まあ、年齢+四歳だと思えば最悪というわけでもないんでしょうが、十の位が変わるとちょっとショックです。もうちょっと体脂肪減らさねば。

あと、最近なぜか、すごく酸っぱいものがおいしく感じます。以前から肩こりに効くので、リンゴ酢やブルーベリー黒酢などを毎日飲んではいましたが、それプラス、自作ピクルスとか生姜の甘酢漬けとか、毎日のように食べてます。
なので、話に聞いた黒糖バナナ酢というのを作ってみました。お酢500mlにバナナの輪切り三本と、黒糖300gを入れるというもの(バナナは一週間くらいで取り出す)。牛乳や豆乳で割って飲むとおいしいです。ま、黒糖がかなり入っているのでカロリーもそこそこあるだろうし、これだけ飲んでいて痩せるというものでもないでしょうが、なんか朝すっきり起きられる気がします。便通にもいいらしい。

今日の夕食は冷やし中華。市販のは化学調味料がきいていて苦手なので、鶏ササミでスープを取って、自分でスープを作りました。あとは玉葱の味噌汁とか、梅酢で漬けたピクルス(おいしいので最近のお気に入り)とかキャベツの塩もみとか。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

隠された記憶

「ピアニスト」のミヒャエル・ハネケの新作。やっと見てきました。最初一週間限定公開と言われていたのに風邪でいけず、あきらめていたら、入りがよくて公開が延びたらしい。私が行った回もほぼ満席。

で、感想。めちゃくちゃおもしろかったけど、人に薦めるかどうかは微妙。ハネケにしては変態臭は薄くかなりまともだけど、オチ(というか犯人)をぼかしてあって、ある一点に気づかない人にはちんぷんかんぷんな映画になっているのです。
私は幸い、そこに目がいったので、示唆されている犯人に気づきましたが、それをしっかり書いてミステリ仕立てにすると、伏線のアラが出てくるんですよね。そういう意味では、ぼかしたハネケはずるいな、と。
それと、私の勘違いでなければ、カメラワークにもヒントが隠されている気がします。DVDが出たらもう一度観て確認したいんだけど。

ただ、それとは別にして、この映画が暴き立てる「フランス人の抱える疚しさ」は鋭いと思う。国家として抱える疚しさが、主人公の疚しさと二重写しになる手腕というのは、すごい。 そのあたりは大好きだ。
あと、やはりサスペンスの盛り上げ方や心理描写も絶妙なので、きちんと結末を描いて勝負してほしかったなあ。

ちなみに、「映画史上もっとも残酷なシーンがある」とチラシに書かれていたけど、それほどではありませんでした。ただ、タイミング的にいきなりくるのと、恐ろしく静かな描き方なので、たしかに怖かった。 血に弱い人は注意。
ともあれ、無理してでも観に行ってよかったです。満足。

夕食はししゃも、ブロッコリーとトマトのサラダ、椎茸と干し野菜の味噌汁、納豆 そろそろ甘酢漬けのらっきょうと生姜を食べ始めました。暑くなると酢の効いたものがおいしい。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

天使はモップを持って

文春文庫で文庫化されました。新井素子さんから、素敵な解説をいただいてます。この先シリーズはまだまだ続くので、未読の方は気軽に手に取ってみて下さい。とても可愛い本になりました。

先週末は東京で、本格ミステリ大賞授賞式に出てました。ひさしぶりの人にたくさんお会いできて楽しかったです。しかし風邪気味だったので、パーティのみで帰宅。二次会の北村さんを囲む会に出たかったなあ。
今回、大阪で美容院に行けなかったので、はじめて東京で飛び込みで切ってもらいました。短く切るつもりでしたが、美容師さんに「長めの方が似合うのでは?」と説得されて、長さは変わらず。でも、ちょいお姫様カットのような感じでばっさり段を入れてもらい、雰囲気は少し変わりました。
いろいろ提案してくれる美容師さんは好きなので、切ってもらってよかったです。

あとは、友達と一緒に表参道ヒルズに行ったり。人がいっぱいだったけど、お店で買い物している人はあんまりいなかったかな。わたしはアリアンヌのコルセット風のキャミソールと、ガスパールの犬服をゲット。
あと犬の生活で買ったおみやげのおもちゃがテツに大受けでした。

しかし疲労がたまったのか、目の血管が切れて、目が真っ赤に……。怖い顔になってしまってます。

今日は手羽先の黒胡椒焼き、わかめと干し野菜の味噌汁、だだちゃ納豆、カボチャと玉葱のサラダ。

昨日からツールドスイスです。わたしはワールドカップではなくこっちを見る。ボーネン男前。

| | Comments (0) | TrackBack (5)

風邪でした

風邪ひいてダウンしてました。日曜日に38度の熱が出たのですが、月曜日以降ものどの痛みと鼻水が止まらず、微熱が続いてました。で、昨日また38度まで熱が上がって、今日になったらのどの痛みは治まって、回復してきた模様。あきらかに、一度目の熱ではウィルスが死なず、二度目の熱で撲滅できた感じです。
今日はもう熱も下がったので大丈夫。美容院行きたかったんだけど、大事をとって安静にしてました。

食欲は普通にあるので、38度熱がある日でも、レトルトカレーとか出前のお寿司とか食べてました(さすがに料理するのはしんどかったので)。それってどうよ、という気もしなくない。今日も、冷凍ピザ焼いたし。
もともと平熱が36度8分くらいで、生理前とか夕食後などは37度越すことも珍しくないので、たぶん、私の38度は普通の人の37度5分くらいの感じだと思います。「熱でてるな」という感じはあって、ちょっとふらつくけど、苦しいわけではない。
でも、ちょっと免疫力落ちている気がする。

今日も早めに寝ます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ぼくを葬る

観てきました。あんまり映画を観る気分ではなかったのだけど、オゾンの映画はやはり好き。
余命三ヵ月を宣告されたゲイのファッション写真家が残された時間をどうやって過ごすか、という映画。なんというか、前向きではなく、かといって過剰に後ろ向きなわけでもなく、主人公のスタンスがとてもリアル。
天涯孤独なわけではなく、他者のこともしっかり愛しているけど、それでも最後にひとりでいることを選ぶって、あんまり日本人の感覚にはないような気がする。
主人公ロマン役の、メルヴィル・プヴォーはすごい美形。この手の顔はさほど好きではないんですが、それでもこの圧倒的な造形美には、うっとりしてしまうわ。

ミヒャエル・ハネケの「隠された記憶」もそろそろ大阪で公開なので、これも観ておかないと。観たかった「変態村」もいつの間にか公開が終わっててショック。
ピンク・パンサーはDVD待ちかなあ。前作ファンとはいえ、リメイクにはさほど興味がないし。

夕食は、うめだ阪急の、マグロ解体寿司。安くておいしいと聞いたので、買ってみました。値段のわりにはたしかにおいしかった。ほんまに解体してました。
夕食後に、らっきょうの酢漬け(塩らっきょうは昨日作った)と梅シロップを漬け込みました。塩らっきょうは浅漬けのときがおいしいので、ついバクバク食べてしまう。もう1kg漬けようかなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ヴォリーズ建築見学ツアー

柴田よしきさんと篠田真由美さんが、ヴォリーズ建築を見るために滋賀にいらっしゃったので、近場の私もおまけでくっついて見てまわってきました。ヴォリーズの建物は、関西学院と大丸心斎橋店しか見たことなかったので、個人の住宅などははじめて見ましたが、可愛くて、あたたかみのある独特の建築。楽しかったです。湖西線とか、はじめてのローカル線に乗れたのもよかった。
長浜や彦根や安土は、平野と水田が多く、戦国武将があのあたりを取り合ったのも、当然だなあと思いました。戦国好きとしては、あのあたりは見どころが多くて楽しい。

そして、置いて行かれたテツがあきらかにふてくされていた。今まで、旅行に行ったからといってふてくされることはなかったんですけど、最近なにかに気づいたらしい。

旅行中、いっぱい食べたので、今日は軽め。ニラの味噌汁、納豆、レタスのサラダ、鶏手羽の黒胡椒焼き。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« May 2006 | Main | July 2006 »