« January 2006 | Main | March 2006 »

February 2006

小麦粉の日

なんとなく、今日は粉食の日。昼は野菜だけのお好み焼きを作ったし、夜はなんとなく、北京風の葱入りターピンが食べたくなって、速攻でこねました。すでに高野豆腐と根菜の煮物とか、長ネギの味噌汁とか、完全和食メニューが完成しかかっていたのに……でもおいしかったです。
そして、犬のごはんもお好み焼きでした。

そう言えば、最近フラットブレッドに凝っています。ささっと、薄力粉と水とオリーブオイルと塩でこねて、薄くのばして、オーブンで焼く。二十分くらいでできる。水分多めにして、みじん切りの生姜を入れて、天板に流し込んで焼いてもおいしかった。そういえば、きちんと発酵させるパンはしばらく作ってないです。

しかし、玄米食べてるとお腹空かないけど、小麦粉は腹持ち悪いです。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

フィギュアとデビルマン

昨日のことですが、昼間、テレビを見なかったので、夜、「女子フィギュアのフリー見ようっと」とテレビをつけました。大阪で言う読売テレビに、最初チャンネルを合わせましたが、この局、荒川選手の演技の最中に、荒川選手のお母さんらしき人の顔を写すんです。一度や二度ならともかく、少し難易度の高い技のあとは必ず、何回も。いや、長い試合の最中に、何度か観客席を映すというのは別に普通のことだし、絵が変わってそれもおもしろいかもしれない。しかし、たった数分のフィギュアスケートで、氷の上で全身全霊で滑っている選手より、身内の顔を映したいっていう気持ちがわかりません。むう。まあ、好意的に考えれば、ほかの局でもやるから、会えて差別化を狙ったのかもしれませんが、「演技をちゃんと見せろよ!」とイライラして、消してしまい、後でNHKで見ました。美しゅうございました。
しかし、今までフィギュアの日本選手は「技術があっても、体型が……」とか言われてきたのに、コーエンも小柄で、スルツカヤもぽっちゃりほっぺのせいで、いちばん荒川がクールビューティ的な雰囲気をかもしだしていたのがなんか「ああ、日本人は変わったのね」と感慨深かったです。

木曜日にWOWOWで映画「デビルマン」を見てしまって、酷いダメージを受けました。バカ映画好きのわたしですが、あれはひどい。シベリア超特急や、フォーガットン、メガフォースやサインなど、数々のラブリーなバカ映画とくらべるのも汚らわしい。しかし、ある意味、この世の中の映画が、みんなデビルマンではないことに、感謝をしたい気持ちになります。映画ってなんて素晴らしい。

本日の夕食はビピンバ、キャベツとわかめの味噌汁、黒豆とベーコンの煮もの

| | Comments (0) | TrackBack (1)

あたたかい

夕方から雨が降ると天気予報で言っていたので、二時くらいに散歩に行ったら、テツがハァハァいってた。久しぶりに見ました。
そんで、散歩しておいて、夕方からPROMISE観てきました。映画としてはいまいち退屈だったけど、いろいろ萌えたので満足。

ところで、最近食べたもの。
・レトルトの山羊汁
友達の沖縄みやげだったんですが、「鼻が曲がるほど臭い」とか「沖縄人でも食べられない人がいる」と聞いていたので、恐れをなして賞味期限ぎりぎりまで置いてありますが、昨日開封しました。たしかにちょっとケモノくさいけど、シェーブルとかと同じ。味はすごくおいしかったので、キレイに食べました。でも、なんか昨日は自分の体臭も山羊臭い気がしました……。

・焼きスパゲティ
大学卒業して一年ほど呉服屋で働いてましたが、その近所の喫茶店のメニューに、「焼きスパゲティ」というのがありました。要するに、焼きそばのスパゲティ版で、かなりジャンクな食べ物ですが、わりとおいしかった……ので、十三年ぶりに思い出して作ってみました。しかし、いつも通り、スパゲティをアルデンテにしてしまって、失敗。やはりふにょふにょに柔らかくしないといけませんね。自分で作ってみると、焼きそばのスパゲティ版というより、ナポリタンのソース版という方が正しいと思った。
ところで、わたし、ナポリタンもわりと好きです。たまに自分で作って食べます。アレはアレでおいしいと思う。

本日の夕食
先日のミートソースを使って、カボチャのグラタンを作りました。パンを合わせようかと思ったんだけど、味噌汁が飲みたくなったので、舞茸とわかめの味噌汁と、玄米ごはん、にんじんと蕪のピクルス。変なメニューだ。

| | Comments (2) | TrackBack (2)

ミートソース

一年ぶりくらいにミートソースを煮込んで、手打ちパスタを食べました。外見は前の方がおいしそうでしたが、味は今回の方がおいしかった。やはりセモリナ粉のせいかな。うどんっぽくなくなった。ただ、見てくれは本当にダメなので、近いうちにまたリベンジします。

ミートソースは鍋いっぱい煮込んで、小分けして冷凍。そのうちグラタンとかラザニアとかに流用するのです。

ネットでディズニーの南極物語の予告編観ちゃった……号泣。あんなん反則や。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

手打ちパスタ

仕事はたくさんあるのだけど、煮詰まったのでパスタを打ってみる。一度目が簡単だったので、気楽にはじめたら意外に苦労しました。以前は強力粉110gに卵一個のレシピで作ったのですが、やや固かったので、今回はセモリナ粉と強力粉を150gずつで卵三個にしたので、水分が多かった模様。くっつくくっつく。後半は打ち粉の量がわかってきたので、なんとかなりましたが、思っていたよりも時間かかりました。
まだまだ、身内以外に振る舞えるレベルでは全然ないです。楽しいからやってるだけ。
えーと、これで四人分+犬三匹分くらい。粉100gでひとり分と記載してあるレシピも多いのですが、さすがに多いと思う。
セモリナ粉まだ残っているので、パスタマシンを使わないコンリキエなんかを作ってみたいです。
2日ほど寝かした方がおいしくなるらしいので、食べるのは明後日。

あたたかくなってきたんで散歩は一時間半コースでした。

夕食は、花折の鯖寿司、ほうれんそうのおひたし、麩とわかめの味噌汁、もずく酢

| | Comments (3) | TrackBack (0)

笑ってる

今日も雨でしたが、雨がやんだ隙を狙ってお散歩行ってきました。テツは公園に行きたがったけど、午前中美容院に連れてったばかりなのに、どろどろになるのはいやんなので、舗装された道を。すれ違った女子中学生に、「見て見て!あの犬笑ってる」と指さされました。犬はみんな、うれしいと笑っているような顔になるんです。

仕事の合間に、去年のジロ・デ・イタリアのDVD見てました。去年、Jスポーツで見たので、買うかどうしようか迷ったけど、買ってよかったです。やはり、おもしろいわー。特典映像がチッポリーニ様のラストランだったのも萌え。

夕食は薩摩揚げ、豆腐チャンプルー、蕪とわかめの味噌汁。じゃがいもとバジルのサラダ。作りすぎて食べ過ぎました。一応ダイエット中なので反省。まあ、お菓子を食べ過ぎるよりはマシだけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

二月のお仕事

別冊文春で、「賢者はベンチで思索する」の続編、「ふたつめの月」がはじまりました。あと、ミステリーズの「ビストロ・パ・マル」はバレンタイン合わせでチョコレートの話。
それと、三月に、猿若町捕物帳の新しいのが光文社から出ます。タイトルは、「にわか大根」

雨が降ってて二日連続散歩に行けませんでした。明日はなんとしても、行かなければ、テツが完全に不機嫌になってます。
最近、あんまり悪いことをしないので、家では怒ることがなくなってましたが、このあいだ、置いてあるCDをちゃいちゃいしてたので、「ダメ!」と言ったら、あきらかに「ムッ」とした顔で、こっち見た。生意気だ。

夕食は生ウニのスパゲティ、トマトとアボカドのサラダ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

エイプリルの七面鳥

レンタルで借りてきて観ました。ああ、これはいい映画だ。家族と折り合いが悪く、家を出てNYで彼氏と住んでいるエイプリルが、癌で余命幾ばくもない母親のため、感謝祭の七面鳥を焼くんだけど、その日に限ってオーブンが壊れて……というお話。派手な展開はないけど、少しコミカルで、それでいてじんわりあったかい話でした。こういうの大好き。
エイプリルを襲う小さな受難の数々は、うまく計算されていて、退屈しないし、アパートのメンバーもそれぞれ個性的でいい感じ。家族の方も、エイプリルに困らされた経験をまだ引きずりつつ、迷ったり、混乱したりしながら、遠くからやってくるわけです。

80分という短さも好みです。お薦め。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

チャイニーズクレステッドドッグ

今日、散歩していたらはじめて見ました。まだ幼さが残る、ヘアレスの男の子で、写真で見るよりも数倍可愛かった。珍しいので、あんまり見かけませんが、好きな犬種のひとつです。

ブルテリアくんは、ときどき見かけますが、公園ではなく国道沿いなどを散歩しているので、テツ連れているときには会ったことないです。わざと、ほかの犬に会わない場所を選んでるのかな。

今日は前々からもくろんでいたフリーザーの霜取りを決行しました。フリーザーを空にするまでが二ヵ月くらいかかりました。テツのごはん用に肉をまとめ買いしているもので……。とはいえ、買ってよかった家電製品のひとつです。パンをたくさん焼いても冷凍できるし、変わったものお取り寄せもできるし。

昨日は牡蠣を入れた土手鍋をしたので、今日はそれに、コチュジャンと鶏団子を足して、韓国風にして食べる予定です。最近、鍋に生麩をいれるのがお気に入りですが、お腹いっぱいになってしまって、雑炊まで辿り着けなくなります。今日は生麩をいれずに雑炊をする。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ある子供

観てきました。ああ、いかにもカンヌでパルムドール取りそうな作品だなあと思いながら鑑賞。とはいいつつ、わたしも嫌いではないです。こういう映画。主人公たちと、冷酷すぎるほどの距離を取りながら、あのラストシーンに流れ込むセンスに脱帽。エレファントとも似ているけど、感傷をそぎ落としたところが違うかも。エレファントは全編通して、おセンチな気分がずっと続いていた。こっちはもっと視線が冷静。
なにより絶妙なのが、ブリュノのキャラ。すべてが、「悪い人間ではないけどバカ」というのを表現している。好きなのは、泥足で壁に跡をつけているところと、乳母車の枠を、石で直しているところかなあ。

愚かさを糾弾するでなく、擁護するでなく、ただひっそりと寄り添うようなそんな映画でした。

珍しく外でハンバーグ定食なんぞを食べました。おいしかったです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

プルーフ・オブ・マイライフ

わざわざ街に出て観てきました。うーむ。個人的にはキャサリンにまったく感情移入できなかったので、いまいち乗り切れませんでした。ラブシーンに至るまでのシーンなどはすごくよかったんだけど、その後がどうしても苦手だ。姉ちゃんも苦手なタイプで、この姉妹とは関わりたくないものだとしみじみ。
あとね、家族とか恋人同士の、グルーミング的なケンカも嫌いなのです。親しいんだからこそ、言いたいこと言えるんだ、という考えもあるだろうけど、問題解決に向かわない口論は、たとえフィクションの中でもうんざりする。
もうひとつ、映画の中での「証明」の扱われ方について不満あり。私は数学はそんなにくわしくないけど、ある問題や定理を証明することは、もちろん個人の業績でもあるけど、たとえば、小説家がすごい小説を書いたり、画家がすごい絵を描いたりすることとは違って、数学という学問自体が一歩先に進めるということだと思うんですけど、なんかこの映画の某登場人物には、その視点が抜け落ちていることが気になる。

最近、ジェイク・ギレンホールという名前をよく耳にするなと思っていましたが、ドニー・ダーコくんだったんですね。ちゃんと大人になってた。ということは、ブロークバック・マウンテンもきみか!

映画を観た後、ムジカに行って茶葉を仕入れてきました。マディ農園のアッサムというのをはじめて買った。それと、がぶ飲み用の堂島ブレックファースト。350g入って1000円で、しかもおいしいというのはすばらしいコストパフォーマンスです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ときどき

小説を書くことが、楽しい日がある。明日もこんな日でありますように。

夕食は、油揚げの焼いたの、五目ひじき、かぼちゃのサラダ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

好きな○○と苦手な○○

テレビでやっていた「ラヂオの時間」を、帳簿をつけながら鑑賞してましたが、「ああ、これ、苦手な三谷だ……」と思いました。新選組!は完全版DVD-BOXを買ったほど好きだし、古畑も好きでほとんど見ているので、三谷幸喜さんはファンといえると思うのですけど、なぜかときどき、苦手なものがあります。あの名作と名高い、「十二人の優しい日本人」も非常に苦手です。どうしてかなあ。
ちなみに、クドカンも「タイガー&ドラゴン」や「真夜中の弥次喜多」は、大好きだけど、「ゼブラーマン」とか「池袋ウエストゲートパーク」は非常に苦手でした。
好きな作品と、そうでもない作品があるのはどんなに好きな作家や脚本家でも同じだけど、好きなのと、かなり苦手なのがあるのが自分でも不思議だ。それだけ、作家の個性が強いのかな。

ちなみに、今年の大河は、すでに脱落してます……「利まつ」でさえ、文句言いながら最後まで見た、このわたしが……。戦国なら、どんなにおもしろくなくても見られると思ったんですが、あのジジイな信長と秀吉は我慢ならん。

夕食は鶏団子と里芋の煮もの、ブロッコリーの胡麻マヨネーズ和え、なめこの味噌汁、納豆。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

家でフランスパン

食パンや丸パンなど、柔らかい生地のパンは上手に焼けるようになったのですが、フランスパンは専用の粉を買わなければならないし、ホームベーカリーの生地作りコースを使っていると、こねすぎになるし、で敬遠していました。カンパーニュは何度か焼いたけど、やっぱりふわふわになるんですよね。で、今日は気合い入れて、フランスパンに挑戦。平野由希子さんの「天然酵母のおいしいパン」のレシピ通り、強力粉160gに薄力粉90g、とホシノ天然酵母を使用。テツに食べさせるので、塩を減らして、粉は国産なので水も10パーセントほど減らしました。
HBは生地作りコースを八分ほどで停止して、その後生種おこしコースで六時間発酵させ、ベンチタイム、二次発酵の後、霧を吹いたオーブンで焼いたら、できました、できましたよ。クラストぱりぱりのフランスパンが。
焼けた時間が遅いので、まだ味見はしてませんが、見た目と触った感じはしっかりフランスパンです。明日の朝が楽しみです。

夕食は、昨日の残りの肉じゃがと、炒り豆腐、麩の味噌汁。炒り豆腐には大根葉とにんじんをたっぷり入れたので、栄養バランスは悪くないですが、なんかメリハリのない献立です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2006 | Main | March 2006 »