« ちょっとだけ | Main | パン屋と葉村屋 »

昼の部

松竹座、昼の部行ってきました。
まず、愛之助くんの義賢最期。初役、しかも大抜擢だというのに、不自然さのない立派な義賢でした。前半が退屈じゃないのも見事。まだまだ課題はあるとは思いますが、すばらしかったと思います。客席も盛り上がってました。
そして、仁左玉の「十六夜清心」。もう色気とスターのオーラで空気自体がぬらぬらしてましたよ。おさよ、清吉になってからのきったない衣装、散切り頭ですら艶っぽい。ああ、正月から寿命が延びる~。
それと、ふと思ったのが、女性の足の美しさを引き立てる服はいろいろあれど、男性の足の美しさを堪能できるのは、やはり着物のよいところだなあ、と。それほど、仁左衛門さんの臑は色気たっぷりでした。
あと、やっぱり息の合っているところが格別だなあ。

ああ、楽しみは終わってしまった……後は頑張って働きます。

|

« ちょっとだけ | Main | パン屋と葉村屋 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33158/8130336

Listed below are links to weblogs that reference 昼の部:

« ちょっとだけ | Main | パン屋と葉村屋 »