« December 2005 | Main | February 2006 »

January 2006

お仕事情報

ええと、ただいま週刊アスキーで、キリコちゃんシリーズの中編「第二病棟の魔女」を連載中です。そちらで読んでくださってもいいですし、e-NOVELSで販売もするので、こちらで買ってくださってもうれしいです。第2回までは試し読みできます。キリコちゃんはまだ出てませんけど。

毎週締め切りくるので、つらいです。ちょっとまとめて書いておきたいんですけど、つい、ぎりぎりになってしまう……。

夕食は、プロポ(ポトフの鶏肉バージョン)とトマトのファルシです。プロポは玉葱をパスして、テツの分を取り分け、その後味付けして長ネギを入れました。あったまる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ペット

ということばには、なんか抵抗があります。ペット大好きとか、なんか「ちびっこ大集合」とかいうことばのイヤさに通じるものがある。だからといって、コンパニオンアニマルというのも、なんかしっくりこない。ペットではなく、家族や子供同然です!というのも、なんか違う。
で、いちばん、しっくりくる言い回しはなにかなあと考えてみたのですが、それは「私の犬」ということばでした。パトラッシュはネロの犬で、スノーウィはタンタンの犬であるのと同じように、テツは私の犬だ。たぶん、犬自身も、「自分は飼い主の犬だ」と考えているように思う。

本日の夕食は、麻婆豆腐、ザーサイとキャベツのスープ、菜花のおひたし。
麻婆豆腐はひさしぶりに、満足がいく出来でした。豆鼓とか花椒も常備しているし、得意料理のひとつのはずなんですけど、最近、なんかいまいちのものしか作れなかったのです。前ほど頻繁に作らなくなったせいかなあ。今は麻婆豆腐より炒り豆腐の出番の方が多い。

| | Comments (4) | TrackBack (1)

有頂天ホテル

観てきました。決して泣ける映画でもないし、派手な爆発があるわけでもなんでもないけど、洒落ていて密度の濃いエンターテイメントでした。楽しかったー。
緻密と言うより、流れるように貼られた伏線が、ところどころで活きる瞬間とか、キャラクターのほんの些細な幸せとか、ツボなところはたくさんある。二度目でも楽しめそうです。時間があれば、もう一回観たいかな。

松たか子のキャラクターが好きだなあ。中国語に笑った。

映画のあと、近くのスントゥブチゲで昼ご飯。熱々のスントゥブと、石釜ごはんで満足です。

| | Comments (0) | TrackBack (3)

ギャー!

使ってなかった鞄を開けたら、出してない年賀状が十枚以上出てきました。

……一瞬、「自害すべきか」と思いました。
出したのに近藤からはこなかったという方、本当に申し訳ありません。今更寒中見舞いというのも間が抜けているので、来年仕切直して頑張ります。しくしく。


夕食は、肉じゃがとシジミの味噌汁。簡単。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

おくすり

土、日と持病のアトピーが悪化して寝込み、今日はかなりよくなったものの、病院行って薬もらってきました。ああ、すっごい楽だ。ふだんは漢方薬に頼っているものの、症状がひどくなったときは、さすがに普通のお薬が効く。以前行っていた病院は、待ち時間が長くて、半日がかりだったんですけど、今度のところは予約ができて、ありがたいです。
お医者さんに「なんかペット飼っている?」と聞かれ、「犬飼ってます。でも、犬には反応しないんです」と答えたら、「それでもまたアレルギー発症しているかもしれないから、調べましょう」と言われました。ひえーと思いつつ、「でも調べてもらって、出たからといってどうなるものでもないですし……」と言ったら、「まあ、そうでしょうね。でも、その場合は一緒に寝るのだけ止めてね」との返事。頭の柔らかいお医者さんでちょっと、ほっとしました。
まあ、よそにやれ、って言われてもやらないけどね。
ベッドがあるのに、犬が寂しがるので和室に布団敷いて一緒に寝てましたが、マットレスに掃除機かけて、明日からベッドで寝るかなあ。だいたい、テツは布団をべろべろ舐める癖があって、それも止めさせたいと思っていたので、ちょうどいいかも。

夕食は粕汁、つぼだいの干物、ほうれんそうのおひたし、納豆

| | Comments (2) | TrackBack (0)

天気予報当たらず

雪だ雪だと言われていたけど、結局まったく雪は降らず。昨日から読んでいた「銀河ヒッチハイクガイド」を読み終えました。おもしろかったー。 映画も今度DVDになったら観たい。

なんか今日はやけにお腹が空く日。しかし、家に大したものがなかったので、幸いにも食べ過ぎることなく、一日を終えました。

「博士の愛した数式」は小説は大好きですが、映画は観なくていいかなあと思っていましたが、CMで寺尾聡が喋っているのを観たら、急に観たくなりました。リストに入れておこうと思います。

夕食は鰺の開き、長ネギとわかめの味噌汁、里芋の煮っころがし、ほうれんそうのおひたし。里芋は、ふだんはダシで煮含めてから味付けするのですけど、珍しく最初から醤油やみりんを入れて濃いめに煮ました。おかずとしてはこちらの方がご飯が進む。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

のんびり

急ぎの仕事を片づけたので、今日は一日ぼんやりしています。観たい映画はあったんだけど、なんか出て行くの面倒だったし……。犬の散歩にゆっくり行って、あとは読書とか、借りてきた昔の古畑DVD観たり。
あ、有頂天ホテルは観たいな。来週でも見に行こう。

昨日は仕事が終わったのが午前4時で、さすがにこれから風呂に入るのはやだなあと思い、入らずに寝てしまいましたが、かえって冷えて寝られませんでした。教訓、どんなに眠くても疲れていても、風呂には入るべし。

夕食は、炒り豆腐、椎茸の笠にホタテを詰めて、グリルで焼いたの。レンズ豆と野菜のスープ(昨日の残り物)
なんか変なメニューです。スープが残ってなければ、味噌汁作ったんだけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

頑張ってます

明日の朝締め切りのと、明後日締め切りのがありますよ。とはいえ、「修羅場」ということばは、どうも違和感があるのであんまり使いたくはない。まだ「修羅」ってほどじゃないです。
ことばの感覚って、結構重要で、オリンピック選手が「みんなに感動を与える云々」と言うのを聞くたび、「感動は見る側がしたいときにするんで、そんなこと考えなくてもよろしい」と、ムっとするんですが、昨日だったかスピードスケートの岡崎選手が「みんなに楽しんでもらえるように」と、言っていたのは、なんか「いい感じだなあ」と思いました。でも、実際のところ、「感動を与えるように」とか言う人も、実際はそんなに驕ったことを言っているつもりなんかなく、岡崎選手が言っているのと同じ意味でつかっているんでしょうけど。だから、性格よりも、知性なんだと思います。どういうことばを選ぶのがふさわしいかを選ぶ感覚。悪い言い方をすると、計算ともいえますが、性格がよくて計算ができない人よりも、ちょっと腹黒くても、計算ができて人にどういう印象を与えられるかを考えられる人の方が私は好きです。

夕食は、鰺の開き、シジミの味噌汁、小松菜とじゃこの炒め物、黒豆納豆。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

パン屋と葉村屋

丸ビルに、カンテの系列のパン屋ができたと聞いたので、行ってきました。フィセルを買ってきましたが、皮ぱりぱりでおいしかった。タケウチやブルディガラ、アビアントなどの極上パン屋には一歩及ばないまでも、ポールには勝ってる。梅田のお気に入りパン屋のリストに入れることにします。ブルディガラ遠いんだもんよー。
そういえば、昨日は、そごうでモアザンのルヴァン・ナチュールを買いましたが、こちらは極上。やや、酸味がある、麦の味の濃いパンでした。しかし、一緒に買ったブリオッシュはふつう。この間うちで焼いた方がおいしかったくらいです。わたしの腕よりも、ハルユタカの実力なんだろうけど。

そして、今、嵐徳三郎さんの伝記、「七代目嵐徳三郎伝」を読んでいます。出たときに買ってあったんですけど、まだ胸が痛くて読んでなかったのです。いい役者さんでした。この人をたくさん見られただけでも、大阪の歌舞伎ファンでよかったなあと思います。知らなかったのは、この人と赤江瀑が大学で一緒だったということ……濃い……。

今日の夕食は買ってきたパンいろいろと、サラダ・ニソワーズ。

| | Comments (6) | TrackBack (3)

昼の部

松竹座、昼の部行ってきました。
まず、愛之助くんの義賢最期。初役、しかも大抜擢だというのに、不自然さのない立派な義賢でした。前半が退屈じゃないのも見事。まだまだ課題はあるとは思いますが、すばらしかったと思います。客席も盛り上がってました。
そして、仁左玉の「十六夜清心」。もう色気とスターのオーラで空気自体がぬらぬらしてましたよ。おさよ、清吉になってからのきったない衣装、散切り頭ですら艶っぽい。ああ、正月から寿命が延びる~。
それと、ふと思ったのが、女性の足の美しさを引き立てる服はいろいろあれど、男性の足の美しさを堪能できるのは、やはり着物のよいところだなあ、と。それほど、仁左衛門さんの臑は色気たっぷりでした。
あと、やっぱり息の合っているところが格別だなあ。

ああ、楽しみは終わってしまった……後は頑張って働きます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ちょっとだけ

今日はあたたかかったです。少し身体が慣れてきたのか、同じ温度でも12月よりは楽に過ごせる感じです。12月は布団の中にゆたんぽふたつ入れてましたが、今はひとつでいいし。ただ、冬はどうしても体調悪い。漢方薬飲んでいるから例年よりマシとはいえ、乾燥はひどいし……。

ゲラやって、連載原稿書いて、と仕事ばかりしてます。またお芝居観に行くのを楽しみに。

夕食は、納豆ごはん、れんこんのきんぴら、小松菜のおひたし、なめこ汁。相変わらず地味食。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

寒いよー

散歩に行ったときの体感温度はこの冬、いちばんだったかもしれません。大雪の日はさすがに出なかったし。エレベーターで同じマンションのチワワ飼いの人に、「ええっ、こんな寒いのに散歩行くんですか?」と驚かれました。チワワたんは寒いと散歩行かなくていいのか……。テツは今日もギンギンに元気で、喜んで散歩してました。わたしが寒いので30分で切り上げて帰りましたが。

朝は雪もつもってた。

夕食は、七草がゆ、卯の花の炒り煮、きのこと明太子のバター炒め、小松菜のおひたし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

松竹座歌舞伎

行ってきました。夜の部。なんと最前列のど真ん中という席。あんな近くで玉三郎さん、はじめて見ました。仁左衛門さんともどもきれいだったわ……。長いことコンビを組んでいるせいか、情愛あふれるおかる勘平で、泣けました。おもだかやの若手も丁寧で行儀のいいお芝居で好感が持てました。10年くらい前は、よく、おもだかや見てましたが、最近すっかりご無沙汰してたので、みんな上手になっていてびっくりです。愛之助くんの定九郎もきれいでした。

それにしても、この一座、歌舞伎の家に生まれた役者が、仁左衛門さんと孝太郎さんだけだというのが、すごい。あとはみんな芸養子だし。美形率も高く、眼福でした。

近いうちに、昼の部も観に行きます。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

テレビ三昧の日

昼から、国立劇場の舞台中継を観ました。初日なのでプロンプ入りまくりでしたが、それでもおもしろかったです。通し狂言は、現代の感覚に合わないものが多いですが、さすが南北です。ある種パターン化されているところもあるけど。富十郎丈の親バカっぷりも微笑ましかったです。

夜は新選組!! 一昨年一年楽しんだ人間としては、思いがけないお年玉をもらった気分です。よかったー。愛之助さんはドラマ経験があまりないので、ちょっと心配してましたが、堂々と演じてました。7日にビデオ録ろうっと。

さて、明日から仕事です。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

あけましておめでとうございます

元旦はいつものようにテツ連れて初詣に行ってきました。おみくじは小吉。毎年小吉ばかりのような気がするんですけど、そんな人生は嫌いじゃないです。

去年だったか、事務能力を向上させるという目標は、6割くらい達成できたので、今年はさらなるレベルアップをはかりたいです。とりあえず、まじめにこつこつとひとりでやっていきます。今年は健康のことをもっと考えたい。

この二日間大阪はあったかかったので、ちょっとひといきつきました。早く春がこないかな。

八犬伝についてはなにも言うまい……明日は新選組!!見て、ビデオは古畑を録ります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2005 | Main | February 2006 »