« ダウン | Main | 最近 »

安宅の関

そういえば、今回の「義経」、勧進帳をドラマでやってもあんまりおもしろくないんじゃないかな、と思っていましたが、なかなかどうして見応えのある回でした。下手な演出をせずに、石橋蓮司さんと松平健さんという役者の台詞勝負に持ち込んだところが良かったと思いました。ちゃんと、富樫が「義経一行だとわかっている」のが、役者の目だけでわかるんだもんなあ。歌舞伎とはまったく富樫像が違うのもおもしろかったです。

あと二回ですよね。今年もおもしろくてよかった。たしか二,三年前は「この先大河はつまんなくなるばかりなのか」としょんぼりしていましたが。来年はちょっと、不安が残る。

|

« ダウン | Main | 最近 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33158/7354665

Listed below are links to weblogs that reference 安宅の関:

» 今日も義経 [私は魚じゃないっす!]
昨日書いた通り、545は半官びいき{/hikari_blue/} いくら「論文だ!」「就活だ!」とバタバタしていても 義経のゲーム(ノーマルな奴Only)が発売されているのはチェックしていました★ ただ一つ、「義経英雄伝 修羅」を除いては{/hiyo_shock2/} 発売された順番で説明すると  義経英雄伝   【天誅】を作った会社の作品で、   「もう少し歴史的に厚みがあれば」完璧だった・・・らしいです。 ... [Read More]

Tracked on November 28, 2005 at 02:28 AM

» 今日も義経 [私は魚じゃないっす!]
昨日書いた通り、545は半官びいき{/hikari_blue/} いくら「論文だ!」「就活だ!」とバタバタしていても 義経のゲーム(ノーマルな奴Only)の発売はチェックしていました★ ただ一つ、「義経英雄伝 修羅」を除いては{/hiyo_shock2/} 発売された順番で説明すると  義経英雄伝   【天誅】を作った会社の作品で、   「もう少し歴史的に厚みがあれば」完璧だった・・・らしいです。   静御前�... [Read More]

Tracked on November 28, 2005 at 02:29 AM

» 義経「勧進帳(安宅の関)」に感動! [「感動創造カンパニー」ダスキン城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!]
大河ドラマ「義経」も終わりに近づいてきた。 今回、終盤の見せ場であり、歌舞伎で人気の「勧進帳(安宅の関)」だっただけに、触れずにはいられない。 実は、「義経記」にはこの話はでてこない。別の話をアレンジしてできたのが、歌舞伎の「勧進帳」である。 大河では、4...... [Read More]

Tracked on November 28, 2005 at 05:09 AM

« ダウン | Main | 最近 »