« 青葉の頃は終わった | Main | 「未亡人の一年」読了 »

ブラザーズ・グリム

観てきました。ロスト・イン・ラマンチャ観たときに、「ああ、この人、もう映画撮れないかも……」と思っていたので、無事公開されてうれしかったです。脚本はもっと練ればいいのに、とか思ったけど、映像がギリアムらしさ全開で、満足。ジョナサン・プライスが出てたり、もうれしい。しかし、この人、変な拷問機械とか好きだなあ。

「12モンキーズ」は今まで観た映画の中でベスト3に入るくらい好きな映画ですが、ギリアムの映像のブラックユーモアとか、チャーミングなグロテスクさ+クリス・マイケルのセンチメンタリズムの融合が、わたしにとってツボなんだと思います。

映画館から帰る途中に散歩するブルテリア見た。あまりに珍しいので飼い主さんに話しかけて、触らせてもらいました。しゃがんだら、向こうから近づいてくれたフレンドリーなお利口さん。ブルテリアはとても可愛いと思うけど、自分では絶対に飼えない犬種のひとつだし、もし、テツを連れているときに会ったら、やはり警戒してしまうと思う。土佐犬やピットブルなんかと同じで、闘うための繁殖をされてきた犬種だし。それだけに、しつけのよく入った落ち着いた子を見ると「おおっ」と思います。

夕食はししゃも、大根と干し貝柱の煮物、昨日の根菜の味噌汁、納豆、ほうれんそうのおひたし、ひじきと切り干し大根の煮物。作ったのは大根の煮物のみ、後は残り物。ししゃもは焼いただけだし。

|

« 青葉の頃は終わった | Main | 「未亡人の一年」読了 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33158/6981701

Listed below are links to weblogs that reference ブラザーズ・グリム:

« 青葉の頃は終わった | Main | 「未亡人の一年」読了 »