« 旅日記@7日目 | Main | 旅日記@9日目 »

旅日記@8日目

発見したこと。屋根裏部屋は雨の夜はうるさい。

この日は、フランスの北部、ピカルディの首都、アミアンという街へ行きました。パリから1時間半弱。あまりメジャーな観光地ではありませんが、フランス最大規模のゴシック建築のカテドラルがあるので、観たかったのです。この日は少し遅めにパリを出て、また北駅から列車に。路線としては、二日前に行ったシャンティィのその先。シャンティィは各駅で、アミアンは急行ですが。
大きな街なので、列車はかなり混んでいて、進行方向に背を向ける席にしか座れませんでした。フランスの列車は半分が進行方向を向いていて、半分が逆を向いています。この形式だと、車両の前後ろは気にしなくていいのでしょうが、乗り物酔いをするわたしにとっては、進行方向に背を向けるなんて考えられません。でも、フランスの人はあんまり気にしないみたいで、進行方向を向いている席が空いていても、普通に逆向きに座ってたりします。
身体を斜めにして、1時間半ひたすら耐えて、なんとかアミアンまで到着。最初、大通りを歩いていたときは、きれいで大きな店がたくさんあって、「なんかうちの近所と、そんなに変わらない……」と思いましたが、大聖堂はやはり大きかった。
2005_025
アミアンの大聖堂。中も、かなり広く、ある意味偏執狂的なほどの、細かい飾りがたくさんありました。薔薇窓もすばらしく、世界遺産に認定されているのもうなづけます。
その後は、街の北部に移動して運河のある町並みを散歩。このあたりは、古くて小さな家がたくさんあって、小さな市も立っていたりして、可愛いゾーンでした。
2005_027
湿地植物園というのもあり、そこもぶらぶら散歩しました。
見どころとしては、ジュール・ヴェルヌが市長をしていた街なので、彼の家とか、博物館や、運河の遊覧船などもあるのですが、どうも、昼休みに突入してしまったらしい。次に開くのは2時間後なので、それまでぼーっと待っているのもなんだし、パリに帰ることにしました。
昼食にサンドイッチとLUのイチジク入りのクッキー、そしてレモン味のボルヴィックを買って、列車に乗り込みました。レモン味のボルヴィックは、あまり甘くなくておいしく、フランス滞在中はよく飲んでいました。

パリに帰った後、昨日見損ねたパレ・ド・トーキョーを見に行きました。ここは現代美術の美術館になっているのですが、なかなかしょぼくてぞんざいな感じで、そこが味になっているところもあり、単なる近所の子供の遊び場になっているところもあり、という感じで、ちょっと微妙。現代美術はポンピドゥ・センターのが充実しているだけに、どうも存在価値を探している最中という感じでした。でも、おもしろい展示物もあったので、また近くまできたときには、覗いてみたいです。ここからは、エッフェル塔も見えました。

夕食はマドレーヌそばの、ポトフのレストラン。ここはおいしくて安いので三回くらいきています。一度目はものすごく大量のポトフが出て、とても食べきれず、二度目に行ったら多いけどなんとか食べきれる量になっていたので、「日本人は食が細いということに気づいたのかな」と思ったのですが、今回はのけぞるほど、大量出てきました。どうやら、盛りの多さは、その日のポトフの鍋の残量によって決まっているような気がしてきました。
お腹一杯食べて(もちろん、食べきれませんでした)エスプレッソを飲んで、ホテルに帰還。お茶するときは、カフェ・クレームがいいけど、食後はエスプレッソがおいしいような気がします。

|

« 旅日記@7日目 | Main | 旅日記@9日目 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33158/3816631

Listed below are links to weblogs that reference 旅日記@8日目:

» パリ [パリについて]
パリ世界 > ヨーロッパ > 西ヨーロッパ > フランス > イル・ド・フランス地域圏 > パリ----パリ(巴里、Paris)はフランスの首都である。フランス北部のイル・ド・フランス地域圏|イル・ド・フランス地方の中心に位置する。市内をセーヌ川が貫流する。中心部から順にパ... [Read More]

Tracked on May 15, 2005 at 09:52 PM

« 旅日記@7日目 | Main | 旅日記@9日目 »