« 呼び止められる | Main | ヴェヴェールの卵 »

宝塚

生まれて三度目の宝塚歌劇を観に行ってきました。一度目は、小学生の時(「風と共に去りぬ」だった。これはすごくおもしろかった)、二度目は中学生のときだったので、二十年ぶりになります。あらまー。友達で、宝塚大好きな子がいて、彼女の好きな人がバウホールで初主役だというので、チケットを奢ってくれたのです。
みんな、背が高くて、男役の人は脚がみょーんと長く、娘役の人はウエストが手でつかめそうなほど細くて、顔がちっちゃく、そして歌と踊りが上手なので、うわーと思いながら観てました。目の保養でした。楽しかったです。
とはいうものの、宝塚慣れせぬわたしにとっては、全員「宝塚の男役」と「宝塚の娘役」としか見えず、「だれがかっこよかったか」とかはまったく判断できないのですが。たぶん、次に観てもだれもわからないです。(きっと、歌舞伎も見慣れない人はそうなんだろうなあ)
でも、トップスターじゃない人たちでも、こんなに歌と踊りが上手なんだから、大劇場だったら、もっと凄いんだろうなあ。今度、一度観てみようと思いました。うちから宝塚は結構近いので、よく考えたら簡単に行けるのです。
あと、どの男役も、笑い声が「ッ、ハハハハハハ」となるのが、なんか不思議でした。そのタメはいったいなんなのでしょうか。

あたたかくなったせいか、テツはなぜか早起きでした。くうーんと言いながら枕元に座り込まれましたが、寝たふりしました。

|

« 呼び止められる | Main | ヴェヴェールの卵 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33158/3211567

Listed below are links to weblogs that reference 宝塚:

« 呼び止められる | Main | ヴェヴェールの卵 »