« クスクス鍋 | Main | 歯医者終了 »

列車に乗った男

DVDで観ました。
「ロスト・イン・ラマンチャ」でえらいことになっていた、ジャン・ロシュフォールですが、本作では元気そうでなにより。
「タンデム」のような男同士の友情物語だと思っていたら、むしろ、「歓楽通り」とか「髪結いの亭主」に通じる、「手の届かない人への憧れ」という方が大きかったように思います。はしゃぐ、ロシュフォールがかわいい。

静かで派手なところのない作品ですが、緩やかに張られた伏線が、そのままラスト10分間にめくるめく展開をみせるあたりが、まさに「巨匠の仕事」という感じ。鳥肌たちました。
語りすぎないラストシーンも見事。

|

« クスクス鍋 | Main | 歯医者終了 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33158/3038226

Listed below are links to weblogs that reference 列車に乗った男:

« クスクス鍋 | Main | 歯医者終了 »