« 遠出 | Main | 微妙に »

僕の妻はシャルロット・ゲンズブール

ケーブルで録画して鑑賞。イヴァン・アタルののろけ映画だと思っていたら、案外おもしろかったです。のろけ映画には違いないけど。劇中のイヴァンはみっともないけど、まあ、これはこれでよし。気持はわかるし。
しかし、イヴァンがやきもちを焼く相手の役者が、テレンス・スタンプというのはどうなのだ。わたしはファンだし、年をとってもかっこいいし、「私家版」や「イギリスからきた男」でモテモテでも無理は感じないと思うけど、それでも、当たり前のようににやけた二枚目ポジションにいると、ちょっとつっこみたくなるのですが……。
そして、リュディヴィーヌ・サニエを発見。かわゆいのう。

|

« 遠出 | Main | 微妙に »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33158/2918523

Listed below are links to weblogs that reference 僕の妻はシャルロット・ゲンズブール:

« 遠出 | Main | 微妙に »