« 謎メール | Main | 秋の匂い »

空気が抜ける

ときどき、自分の中で「空気が抜ける」という表現を使います。「あ、今、空気抜けた」とか、「空気抜けないかな」とか。空気が抜けた風船とかだと、しょんぼりしたイメージですが、そういうのではなく、なんか「楽になる」という感じなのです。気持ちや身体がつらいとき、空気がぱんぱんに詰まっているような感じがしているのが、なにかの拍子にそれがぷしゅーと抜けて楽になるような、そういうイメージ。

今ちょうどそんな感じです。さっきまでしんどくて、うんうん言っていて、顔を見に来たテツに、「死んじゃうかも……」と愚痴ったりしていたのですが、なんか急に空気抜けました。ぷしゅーって感じ。
まだ仕事は先があるのですが、視界が良好になったので気分が楽。ということで、これからまたひとがんばりします。

犬は死ぬなんてことわからないけど、もしわたしが死んでしまったらテツはどうするのだろう。前足で、ちょいちょいとしてみたり、わたしの髪を引っ張ったりしてみて、「いつもならすぐ怒られるのに、どうしたのだろう」とか思うのだろうな。どのくらい待って、「なんだかおかしい」ということに気づくのだろうか。
鷺沢さんの訃報を聞いてから、ずっとそのイメージがわたしの頭の中にある。彼女も犬を飼っていて、その犬が彼女の遺体をずっと見ていたそうだから。
天国の鷺沢さんと、地上の彼女の犬が幸せであることを心から祈ります。そしてわたしは、少なくともテツが死ぬまでは死なないように努力する。

|

« 謎メール | Main | 秋の匂い »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

空気が抜けるっていい表現ですね。私も使おうかな。漫画なんですけど、文字通り、ちびっこが空気でふくらんでたのが、力尽きてぶしゅ~っとへこむのを見たことあります。その子は力尽きたんだけど、同時に楽になった、のかもしれません。もわもわした幻想が彼を囲みます。

Posted by: さら | August 20, 2004 at 10:57 AM

愛用している肩こりの漢方薬があるんですが、それを飲むと、まさに「空気が抜ける」としか表現できない感じで、しゅるしゅるしゅると肩こりが引いていきます。
(しかし、何日か続けて飲むと胃の具合が悪くなるので、ひどいときだけの特効薬にしてます)
そのせいで、そういう表現を使うようになったのかも。気持ち的にもぱんぱんに空気が詰まって、これ以上膨らまされると割れてしまう……と思うことがあります。

Posted by: コンドウ | August 20, 2004 at 01:18 PM

近藤さん、大丈夫ですか!?心配…。
中国に行った友人が、生理痛用の薬を買ってきてくれました。私が生理痛激しいのを知っていて、向こうのお母さんが勧めてくれたとき、「これだ!」と思ったらしい。彼女自身は生理がすごく軽い、うらやましい人です。
余談ですが、中国では最近あんまりお茶が飲まれないらしいです。売ってるのも、砂糖入りのウーロン茶とかで、知らずに行くとショックを受けるそうです。身近に中国茶にはまっている人がいるのですが、青茶が香り高く、緑茶が味わい深いそうです。私はお茶は何でも好きです。紅茶も、緑茶も、日本茶も。

Posted by: さら | August 23, 2004 at 10:32 AM

なんか急に元気になりました。ご心配いただいてありがとうございます。
生理痛、実はわたしも、ほぼ皆無といえるほど軽いです。もともと軽かったのですが、布ナプキンに変えてから、まったくといっていいほど痛まなくなりました。重い人は大変ですよね。

中国でお茶が飲まれなくなったって、結構びっくりですね。中国は今ものすごい勢いで変わっていっている気がします。

Posted by: コンドウ | August 24, 2004 at 04:29 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33158/1225985

Listed below are links to weblogs that reference 空気が抜ける:

« 謎メール | Main | 秋の匂い »