« まぼろし/フランソワ・オゾン | Main | 涼しい日 »

電化製品メーカーは

エアコンの冷房機能を二十五度以下には設定できないようにすればいいと思います。わたしは二十八度でもかまいません。うちのエアコン、二十八度以下にしたことないし。
きっと、ものすごく省エネにも、ヒートアイランド現象にも効果があると思うよ。

追記:このリンク先を見ると、二十八度に設定すると、二十五度に設定するより、エネルギー量は三分の一から四分の一で済むそそうです。「環境問題なんて、興味ないし、考えていてはきりがない」と思う人は多いだろうけど、せめて「自分の家の近所に原発ができるといや」と感じる人は、きちんと考えてほしい。
個人的にはエアコンだけでなく、飲み物の自動販売機も規制すべきだと思っています。ゼロにしろとは思わないけど、あんなには必要ないはず。

|

« まぼろし/フランソワ・オゾン | Main | 涼しい日 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

冬場はとんでもないことになるだろうなあ、とか。エアコンは夏に使うだけでしょうかね。

Posted by: エアコン | August 15, 2004 at 04:26 AM

ああ、冷房機能限定のことです。失礼しました。個人的に暖房は二十度くらいで充分だと思うけど、北国の方では、かなり高めに設定するようですし、暖房機能については適温はよくわからないですね。

Posted by: コンドウ | August 15, 2004 at 11:55 AM

暖房には寛容なのに冷房には冷たいんですね・・・(笑)
冷房だって、適温はよくわからない(人によって違う)と思いますが。
私も冷えすぎも暖めすぎも大嫌いですけども。

Posted by: かなりや | August 15, 2004 at 03:40 PM

と思います。という話でいいなら、私もコンドウさんの意見に賛成一票!寒いのは生命に関わるけど、暑さはそれほどではないと思うので、暖房に寛容になるのは私も同じです。
そして、私の家にはクーラーありません。夏でも窓全開にすればしのげます。冬は…多分暖房なかったら死ぬかも。一時期、全国の小中学校にクーラーを!とか言われましたが、私の住む地域では必要ないです。そのかわり、灯油の予算を増やしてほしい…。  北国からでした♪

Posted by: ぷう | August 15, 2004 at 04:33 PM

じゃあ公平に、暖房も二十度で(笑)
暖房に関しては、大阪と北海道ではまったく環境が違いますからね。大阪なら二十度で充分です。
好みの問題だけで解決するなら、環境庁が「冷房は二十五度から二十八度(外との温度差は五度以内)にすべき」なんて、発表しないですよね。

Posted by: コンドウ | August 15, 2004 at 04:50 PM

>ぷうちゃん
大阪では、たぶん暖房なくて死ぬ人よりも、冷房なくて死ぬ人の方が多そうな気がします。しかし、二十八度の冷房かけて暑すぎて死ぬ人は絶対にいないと思う。

Posted by: コンドウ | August 15, 2004 at 09:04 PM

打ち水大作戦、はどーでしょー。根本の解決にはなりませんけど議論の足掛かりにはなるかもしれませんねー。

かつて一緒に住んでいた男はものすごく暑がりで冷房ないところでは本当に具合が悪くなっていました。彼は当たり前に18度設定してたから部屋が冷え過ぎてよく喧嘩していたなー。まず自分の体調のことが最優先で相手のことなどお互いに二の次でした。今の私は涼しさが必要な人に少し歩み寄れる精神的余裕が出てきましたけど(笑)

寒すぎ!より、暑すぎ!の方がおこりんぼになりやすくありませんか〜?自分では経験上そんな気がします。快適さってなんだろうねー。どっかで歩み寄れる設定値ってありそうな気がするけれども。そこまでバカみたいに涼しくしなくても夏は暑くていいじゃん、とも思うし(冬も同じく)。外と建物の中の差がありすぎるからね〜。差がある方が脳みそにとっては刺激的なわけだから内と外の差が少ないと麻薬チックな欲求ってことで脳みそが物足りなくなるんじゃないでしょうかね。せめて部屋全体は28度で家の入り口がすんごく涼しい風が流れる吹き出し口のあるエアコンでも開発してほしいです。脳みそちゃんは「はー、涼しい〜」と一瞬だけ思えば結構満足するんじゃないかな。と。

Posted by: やすえ | August 16, 2004 at 09:08 PM

18度? うわー、そういう人とは分かり合えないし、第一、同じ部屋に一緒にいられないなあ。十分くらいが限度。
冷房に関しては、わたしの寛容さは一ミリくらいです。都会の夏がこんなに暑いのも冷房のせいだし、日本の原発のいくつかは夏の冷房のために動いているのです。犬を飼うようになって、「冷房なかったら困るなあ」とはじめて思ったので、まだ寛容になった方かもしれません。それまでは、「もうみんな、いっせーのせーで冷房やめてまえ」と思っていたし。
もちろん、暑がりで本当は22度くらいが気持ちいいんだけど、25度にしている、という人に、「28度にしろよー!」と詰め寄るつもりはないですが、無自覚にキンキンに冷やして、気持ちいい~な人はやっぱりどうかと思う。

打ち水はね、マンション住まいにとってはあんまり現実的じゃないっす。バケツ持ってエレベーターで降りて、水撒くってのもねえ。(管理人さんがやっているので、よけいに気が引ける)
やりやすい環境の人ならもちろんいいと思いますが。

Posted by: コンドウ | August 16, 2004 at 10:08 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33158/1195802

Listed below are links to weblogs that reference 電化製品メーカーは:

« まぼろし/フランソワ・オゾン | Main | 涼しい日 »