« 暑いので | Main | ほんのちょっとだけ »

海を見る/フランソワ・オゾン

寝る前に見るんじゃなかったです。静かそうなタイトルに反して、めちゃくちゃ怖かった。泣きそうです。
1時間足らずの短い映画ですが、この緊張感と恐怖は凄い。それなのに、映像自体は(2,3のえげつない場面を除いて) やたらに静か。カメラも無駄に恐怖を演出しようとはしていない。それなのに、観るものは次第に恐怖に追いつめられていくのです。画面では、だれも、なにも怖がってはいないというのに。傑作。

同じDVDに入っていた「サマー・ドレス」はラブリーな話。と、いっても十五分の間にセックスシーン二回もあるけど。テーマソングの「バンバン」って、キル・ビルの最初に流れていたやつ? でも、あっちは歌詞が英語だったような……と、不思議に思ってぐぐりました。もとは、フランスのヒット曲らしいですね。キル・ビルで使われていたのが、ナンシー・シナトラのカバー。

追記:「サマー・ドレス」で主人公の友達の台詞が、字幕で女言葉になっていて、それが激しく違和感。ゲイだからって、わざわざ女言葉で訳したのでしょうか。変なの。
そして、これで思い出したこと。セルジュ・ゲンズブールがエディット・ピアフの「モン・レジオネール(私の兵隊さん)」をカバーしていて、その邦題が「俺の外人部隊」で、これはエロいと思いました。ちなみに、歌詞カードを見ると、Il m'a aime toute la nuit となっているので、この訳は正しい。(ピアフの方はIl m'a aimee toute la nuit)

|

« 暑いので | Main | ほんのちょっとだけ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33158/1042986

Listed below are links to weblogs that reference 海を見る/フランソワ・オゾン:

« 暑いので | Main | ほんのちょっとだけ »