« 行ってきました。 | Main | 「アレックス」について »

カノン/ギャスパー・ノエ

借りてきて観ていました。映画館で一度で観たときには、ものすごーく不愉快で、ぷんすか怒りながら映画館を出たのです。でも、この間観た「アレックス」が意外にツボだったので、もう一度挑戦。これが不思議なことに、おもしろかったのです。まあ、アレックスと同じで、結末がわかっていたから、不愉快度が減ったせいもあるかもしれませんが、年をとったせいもあるのかなあ。あのオヤジを可愛いとさえ思ってしまった。

友達が、ラース・フォン・トリアーの映画を「シゴキ系」と言っていて、なるほどなあと思いましたが、ギャスパー・ノエはインカ文明かなんかの密教系だと思いました。狭い洞窟に押し込められて、もうもう煙を焚かれて、苦しくて苦しくて、もう駄目だーというときに、外に出ると、外の世界がまるで天国のように見えるというアレ。

|

« 行ってきました。 | Main | 「アレックス」について »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Good article. I will be dealing with many of these issues as well..

Posted by: military spouse achievement account | September 19, 2014 at 07:48 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33158/708087

Listed below are links to weblogs that reference カノン/ギャスパー・ノエ:

» カノン / SEUL CONTRE TOUS (1998・仏) [HALa9000s CINEcolumn]
★★★☆☆ 93分/カラー 監督・脚本:ギャスパー・ノエ 出演:フィリップ・ナオン/ブランダン・ルノワール カルネという短編映画の続編だそうだ。公開... [Read More]

Tracked on August 24, 2004 at 02:45 AM

« 行ってきました。 | Main | 「アレックス」について »